降圧剤の主な働きとは

血圧は食生活の見直しや運動などで、適正の数値まで下げる事が可能です。
しかし、生活習慣を改善しても改善しない場合や、医師が治療が必要と判断した場合、降圧剤による治療が一般的に行われます。
降圧剤には様々な種類がありますが、どれも血圧を下げる作用を持っている点が特徴です。

ここでは、現在ポピュラーに処方されている降圧剤の種類や、効果について紹介します。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、血管を収縮させるアンジオテンシンIIというタンパク質が、受容体をと結合するのを抑制する降圧剤です。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬を服用する事で、血管が広がり血圧を下げる効果が期待できます。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬は、血管を収縮するアンジオテンシンII自体の生成を、抑制するのが特徴です。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬この2つは共に高血圧の治療だけでなく、心臓病や腎臓病、メタボの治療にも用いられます。

平滑筋細胞という細胞にカルシウムイオンが流れ込む事で、動脈の血管が収縮します。
この作用を抑える為に、カルシウム拮抗剤という降圧剤が処方されるケースが多いようです。
カルシウム拮抗剤は、副作用も少ないと言われている降圧剤です。

血圧は血中のナトリウム濃度が上昇すると、高くなります。
ナトリウムの排出をスムーズにし、血圧を下げる為、利尿剤が高血圧の薬として使われています。

この他にも血圧を上げる神経の働きを抑える作用を持つ、降圧剤なども一般的に処方されている薬です。
このように、血圧を下げる薬には様々な種類があります。
合併症なども考慮して、患者の症状に合った降圧剤を、病院では処方しています。

<高血圧症でお悩みの方はこちら>
ノルバスクで高血圧症を改善しよう
<降圧剤を買う時は実際に買った人の声も参考にしましょう>
アダラートの体験談