血圧高めの人は早期降圧で心筋梗塞のリスクを回避

血圧高めの人は様々な病気のリスクを負ってしまうものですが、その中でも特に注意しなければならないのが心筋梗塞です。心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈と呼ばれる血管が狭くなってしまうことで徐々に血流が悪くなり、やがては血液が流れなくなることで心臓に栄養素が行く渡らなくなり心臓の動作が不安定になる病気です。中には一部が壊死してしまうこともあり、命を取り留めたとしても後遺症が残ってしまうことも少なくありません。
この症状は高血圧に起因する点が非常に多いものです。血圧高めの人は心臓が血液を送り出すための力が強く必要で、心臓に大きな負担がかかっているものです。その為心臓が多くのエネルギーを必要としています。さらに血圧高めの人は血液中の脂質やコレステロール値が高いことが多く、血液がドロドロの状態になっていることが多いため、その脂質が血管の内壁に付着し徐々に血管を狭くする傾向にあることが分かっています。
この状態を狭窄と言いますが、この狭窄の状態が長く続くとやがて血管が詰まってしまう現象が発生し、心筋梗塞へとつながってしまうのです。
しかし心筋梗塞の恐ろしさは突然発症することです。血圧が高いけれど現在は異常がないからと安心するのは非常に危険です。血圧が高いことに気づいたら、まずは降圧するための手段を講じることが大切です。食事療法でも良いですし、医師と相談の上降圧剤を使用することも必要です。良く降圧剤を使い始めると薬を手放せなくなるという話もありますが、食事療法と併用することで改善が見られれば医師の判断で薬を減らしたり止めたりすることも出来るようになっています。高血圧の状態は心筋梗塞だけではなく他にもさまざまな病気を引き起こすことにもなるので、出来るだけ早く改善するようにすることが重要です。