腎臓に作用しナトリウムを排せつさせる降圧薬

腎臓と血圧は深い関係にあり、腎臓の働きが悪くなると血圧が上がるので腎障害がある人は高血圧を発症する確率が高く、また、高血圧だと腎臓にかかる負担が大きくなるため腎障害が悪化するという風に、互いに悪循環を作り出しやすい関係となっています。
高血圧になる原因のひとつに塩分の取りすぎがありますが、体内に入った余分な塩分(ナトリウム)は腎臓で水分(尿)と共に体外へ排出されるのが通常の体の働きです。
しかし、腎臓の機能が低下している場合には塩分(ナトリウム)と水分(尿)の排出がうまく出来なくなるため、体の中に留まってしまい血液量が増えて血圧が上がってしまいます。
高血圧の人が薬物治療として服用する降圧薬には、この塩分(ナトリウム)に着目した利尿薬という種類があります。
利尿薬は、腎臓に働きかけて塩分(ナトリウム)の排せつを促進し、尿の量を増やすことで血液中の水分を減らし、血圧を下げるという作用を持ちます。
降圧治療に用いられる利尿薬にはサイアザイド系利尿薬、ループ利尿薬、カリウム保持利尿薬などの種類があります。
サイアザイド系利尿薬はチアジド系利尿薬とも呼ばれフルイトラン(一般名トリクロルメチアジド)などが知られています。
このタイプの薬は利尿作用が弱く降圧薬として多く使われており、塩分摂取量が多い患者さんに向いている薬ですが、副作用として低カリウム血症や高血糖、高尿酸血症などが報告されています。
ループ利尿薬は降圧作用は弱めですが、腎機能を悪化させにくいという利点があり、ラシックス(一般名フロセミド)などがよく処方されています。
カリウム保持利尿薬にはトリテレン(一般名トリアムテレン)などがあります。
利尿薬は降圧薬として使う場合、少量なら副作用も少なく併用薬としても良いとされていますが、多量の使用だと血中のカリウムが減少したり血糖値や尿酸値を上げることがあるので定期的に血液検査を受けることが必要です。